クラブの方向性

東京御苑ロータリークラブ
クラブ創立の趣旨 我々は、ロータリーの多様性を重んじ、奉仕と親睦の機会を新たに提供でき、男女平等運動を推進するクラブを創立した。
例  会 全ての例会を夜間例会(19:00〜20:00)とし、昼間例会実施による会員参加不可能者を広く求め、国際ロータリー増強活動の先導を努める。
会員選抜の広域化 ベンチャー企業家等の若い新会員層を発掘し、専業主婦会員をも歓迎する。
よってこれをロータリー運動の後継者育成活動とする。
財務運営 インターネット・ライン・ウィチャットやアイディアを活かした運営に努め、年会費の軽減を実行し、参加機会を拡大創造する。
社会普及 ロータリー精神の社会普及は、職業奉仕を通じて行う「会員増強」を永続的使命と認識する事である。よって会員はクラブに新会員候補の紹介を月間1名以上行う事を目標とする。 (今年度の130名会員達成を目標とする)
地域振興と福祉 新宿区及び周辺地区の振興と福祉に努める。
国際奉仕 ロータリー財団の運動に協力し、併せて日台・日韓の友好活動に努め、在日外国人の親日運動を推進する。国際ロータリーのアジア大会開催を推進する。