東京御苑ロータリークラブの歌  作詞作曲 黒岩智行 編曲 山之内馨  視聴  譜面

@野に咲く花に 憧れて  歩く道野辺 胸は鳴る
 かよわき蘭の 儚さに  清き心は 宿るかな
A南の風に 送られて  青空高く 澄み渡る
 やがて芽をふく 竹の子の  孟宗深き 森恋し
Bただ一畳に 屋根も無く  ススキは繁る 葦田山
 水の流れに 問いたもう  高尾の夢も 咲き誇る
C胸の思いを 打ち明けて  皆で仲良く 手を取れば
 望みは届く 冨士の嶺に  北風何処に 行くのやら

東京御苑ロータリークラブ繁栄の歌  作詞作曲 黒岩智行 編曲 山之内馨  視聴  譜面

@我ら仲間の 成すべきは   先ず第一に 増強で
 社会普及を 果たしましょう  喜び悲しみ 分け合って
 希望は高く 邁進だ      御苑ロータリー
A内藤新宿 とうがらし    百人町に 配置して
 西への備え 固めたり     武人の治世ぞ 尊きを
 歴史を学び 受け継ごう    御苑ロータリー
B全てに勝る プログラム   会員紹介 月一人
 遂げるぞ100名 300名     世界の友も 忘れずに
 明るい社会の 創設だ     御苑ロータリー

内藤とうがらしの歌  作詞作曲 黒岩智行 編曲 山之内馨  視聴  譜面

@おいらの生まれは 江戸の町 新宿御苑の 傍にある
 内藤公の肝いりで 咲かせた花の 色もよし
A数ある野菜や魚でも 邪魔せず 味を調える
 真っ赤に咲いた その色で 病を治す効もある
B縁日露天の 口上は 黒ごま 山椒と 松葉海苔
 紀州のみかんに とうがらし けしの実 あさの実 七味売り
C江戸から明治へ大正へ 昭和の時代へ平成と
 変わらぬ風味を 受け継いで 自慢の土産に 成りにけり